CFGFダイエットで自閉症の改善方法

CFGFダイエットで自閉症を改善

ウチの長男はCFGFダイエットを、かなり長い期間続けました。

 

3歳ぐらいから11歳ぐらいまで。

 

効果はありました。

 

小麦粉と乳製品を摂取しない治療法です。

 

腸の改善を試みる方法です。

 

☆CFGFダイエットに関するリンク(外部サイト)☆
CFGFダイエットのお陰です
親御さんのブログ

小麦粉と乳製品を除去する必要

小麦粉と乳製品を食事から除去する必要性があるのかどうかの検査は、TKサービスを利用しました。
(TKサービスからGPLへの依頼です。)

 

小麦粉や乳製品の成分が、
たしか麻薬的なものになるって話だったと思います。
(モルヒネとかだったと思います。)

 

言われてみれば・・・
長男はおかしい程にパンを食べていました。
もうお腹がいっぱいの筈なのに、パンを探して食べていました。

 

ケラケラ意味も無く笑うのも、急に泣き叫んだりするのも、そういう成分が働いているとしたら納得できるように思いました。

小麦粉を除去するのは大変

乳製品よりも小麦粉を除去するのが大変でした。

 

普通の醤油にも小麦粉が少量使われているそうなので、
醤油を使っている製品が食べれない。

 

それが一番ナンギしました。

 

しかし便利なのが酵素と呼ばれるサプリ。

 

これを小麦粉や乳製品を食べさせる前に与えれば、
小麦粉や乳製品を正しく消化してくれるそうです。

 

なので、そういうのも利用していたのですが・・・

 

やっぱり、小麦粉や乳製品を与えると、
長男は少しおかしくなるんです。

 

どうも酵素が上手く働いていない・・・
などと色々考えたのですが、どうやら酵素自体が長男に悪さをしていたようです。

 

酵素が合わない子が割といたようで、
そういう事に対しても改良されたサプリを見つけたので、
それを利用したり・・・

 

などなど小学校6年生まで色々工夫しながら頑張りました。
およそ8年ぐらいです。

 

でもその8年の間に、
まず、小麦粉はOKになりました。

 

小学校3年生の頃に再検査すると、小麦粉は食べても大丈夫との結果。

 

そして6年生の時に、再検査すると乳製品も大丈夫に。

 

なので、中学1年生の現在は、CFGFはしていません。

 

だけど、わざわざ牛乳を飲ませたりしませんが。

 

何かを食べさせる時に、いちいち成分表を見なくてよくなりました。
本当に楽チンです^ ^

CFGFを始めた時の悪影響

CFGFを始めた時に、すぐに悪影響がありました。

 

今まで毎日のように食べていたパンを長男に見つからないように隠した頃です。

 

酷く荒れたんです。

 

泣き叫んで本当に困りました。

 

食べたいものが無いから当然と思われるかもしれませんが、そんなレベルでは無かったように思います。

 

麻薬的なものの禁断症状だったのかなと思います。
先にそういう風になると情報を得ていたので、先入観もあったのかもしれませんが。

 

そういう状態が数日続いたと思います。
禁断症状のような感じでした。

 

そこを乗り越えると、あまりパンを探さなくなりました。
諦めたと考える事も出来ますが・・・

 

GFCFを始めて、全くおかしな症状が無くなったわけではありません。
マシになった程度です。
おそらく他にもいろいろ問題があったせいだと思います。

なぜ、そんな腸になってしまったのか

小麦粉や乳製品の成分をきちんと消化できずに麻薬のようなものとして身体に吸収してしまう。

 

そんな腸の事を『漏れる腸』(リーキーガットだったかな?)と呼ばれるそうです。

 

長男もそういう腸だったのでしょう。

 

色々な物を食べるとイーストと呼ばれる物が発生して、
それが『漏れる腸』にしてしまうなど色々な情報もありますが・・・

 

でも、なぜ長男の腸はそんな事になってしまったの?
と思ってしまいます。

 

わたしの想像ですが、そんな腸にしてしまったのが、水銀などの有害なものなんじゃないかなと思います。

 

だからCFGFダイエットや、イーストが発生する食べ物を控えるなどの対処も有効だと思いますが、
そもそもの原因を解決する事も重要のように思います。

 

だからキレーションという手段を使って、水銀などの有害な物質を体から排出するのは重要なんじゃないかなと思います。

本当に小麦粉や乳製品が麻薬になっているのか

本当に小麦粉や乳製品が麻薬のようなものになっているのか?

 

非常に信じにくい話ですよね(⌒_⌒;

 

どうやって検査をするかというと、
たしか尿検査だったと思います。

 

尿から麻薬のようなものが出るんじゃなくて、
麻薬を取った人と同じ成分が尿から出るという話だったと思います。

 

水銀やキレーションの話は色々な所で批判的な記事を見ますが、
これはあまりそういう事が無いようです。

 

尿検査で出ているので疑いが無いのでしょう。
ドーピング検査のようなものなんでしょうね。

腸は色々な事に影響

自閉症と腸は関連する。

 

そういう意見に反対する人は少ないんじゃないでしょうか。

 

私も当然関連すると思います。

 

それどころか今では腸が色々な事に関連するという意見が多いですよね。

 

肌荒れとかは、もう常識の範囲になっていますよね。
長男の肌荒れも、キレーションやCFGFダイエットや乳酸菌のなどのサプリを始めて、激的に改善されました。

 

自閉症だけは腸と関連しないと考えるのは不自然なので、
CFGFダイエットに対する反対の意見が比較的すくないのかな?

イースト対策は難しい

イーストと呼ばれるものが腸に悪いといのを、CFGFダイエットに関する情報などを集めていると見つかりますが、
イースト対策は難しいです。

 

サプリメントで対策するのはまだしも、
CFGFダイエットのように、イーストを発生させないものを食べないとなると・・・
食べるものが無くなってしまう(⌒_⌒;

 

まぁ、加減をして出来るだけいい状態にもっていけるように努力しないといけないのかもしれませんが、
諦めて、そういう事はあまり意識しないようにしました^ ^